債権を買う前に知っておきたい用語は、以下のような言葉でしょう。 ・債券 ・国債 ・個人向け国債 ・外国債 ・利率 ・無担保社債 そもそも債権というのは、国や地方公共団体、企業などが発行する有価証券のことをいいます。 国債は国庫債券と呼ばれる国が財政赤字を補填するために発行する債券のことで、個人向け国債とは低価格で購入できる個人向けの国債のことです。 外国債は、外国の政府や国際機関、法人などが発行する債権のことを指します。 利率とは、1年当たりの利子の割合のことで、高いほどもらえる金額が多くなるでしょう。 無担保社債は担保が未設定の債権のことで、担保の付いているものは担保付社債と呼びます。 債権を買うにはまだまだ覚えないといけない用語がたくさんあるので、時間がある時に必要だと思う用語を少しずつ覚えていくようにしてください。 用語を知り、債券の仕組みや投資する際の注意点などを理解することで、投資に失敗する可能性を減らせるはずです。 債券への投資は他の投資商品に比べるとなんとなく安全そうなイメージがあるかもしれませんが、きちんと勉強してから投資しなければ資産を失うことになりかねません。